骨格を意識した小顔マッサージ

女性の永遠の憧れとも言える小顔。キュッと上がった頬に、小さな顎。そんな小顔の条件に近づくために女性達はあらゆる手段を使います。そこで小顔マッサージは手軽な為、セルフで行う方も多いですが、サロンでも最近は定番メニューになりつつあります。実は小顔になるために欠かせないキーワードはリンパ。顔の骨格は生まれつきですが、小顔から遠ざかる原因のひとつにリンパの滞りがあります。リンパが滞ると老廃物がたまりやすく、老廃物が溜まると頬はたれ下がり輪郭も一回り大きく感じられるようになります。本来の骨格はそこまで大きくなくても、そのリンパの滞りが顔を大きく見せているのかも。小顔に近づくために、セルフマッサージや美容サロンではリンパの流れをよくすることに重点をおいてケアすることで、スッキリした輪郭を目指しましょう。

小顔は骨格から見直す必要がある

小顔は、女性であれば誰でも憧れる顔の形ではないでしょうか。こうした顔を手に入れるために、顔回りの脂肪などを落とすようにダイエットを行っている人も多くいますが、実は顔はもともとの骨の形で決まってきます。つまり、もとの骨格の修正を行わなければ小顔を手に入れることはできないと言えます。骨格から見直す場合は、美容整形などで施術を行う必要があるでしょう。顔で悩んでいるほとんどの場合は、フェイスラインと呼ばれる部分です。アゴから耳元まで延びているラインの骨で、この骨を修正することで綺麗で小さな顔を手に入れることができるようになります。施術については、骨を削る方法がもっとも安心できます。半永久的に効果が持続できるだけではなく、自分の理想の小顔の形を手に入れやすい施術方法と言えるからです。費用対効果がとても高いので、人気の方法です。

骨格を矯正して小顔になる整形手術の特徴

顔を小さくするためには、骨格から矯正をしなければならないのが普通です。よほど太っているならダイエットをすればある程度小顔化は達成できますが、すでに痩せている人が顔を小さくしたいなら、もはや骨格をどうにかするしかないわけです。ただ、最近は骨格の矯正は非常に簡単にできるようになりました。美容整形外科の技術が上がってきていて、失敗をすることもあまりなくなりました。そもそも骨を削るだけなら、大げさな手術も必要がありません。細い器具を埋め込んで、骨を削るだけで大丈夫です。削った骨は放置しておいても問題がありませんし、他の手術と違ってメンテナンスもほぼ必要がありません。異物を挿入するわけではないので、時間が経っても崩れる心配はありません。ですから、案外美容整形外科の手術の中でも気軽にできるものになります。