小顔の骨格は元々決められている

この頃雑誌などでよく目にする言葉が小顔という文字です。現に、男性には顔が小さい人が好まれている傾向があり、モテる条件として挙げられる場合もあります。そのため、あらゆる方法を使って小顔にしようと努力する女性が多く、顔写真を撮影する際にも、角度や撮り方に気をつけて極力顔を大きく見せないようにする方法など、インターネットで検索をすれば山ほど出てきます。しかし、いくら写真で誤魔化せたとしても、現実で会うのは元の大きさです。つまり、写真のような誤魔化しが効きません。そもそも顔の大きさはその人の骨格で決まるため、努力して必要ない脂肪は落とせたとしても、元々の大きさが変わるわけではありません。骨格から変えたいならば美容整形がお勧めです。骨を剃ることで根本的に顔の大きさを変えることができます。もちろん麻酔もするため、手術中の痛みもなく、半永久的に小顔でいることができます。

小顔の骨格矯正は、美容整形でできる

女性用の雑誌やテレビなどでも多く取り上げられているのが小顔に関する内容です。美容関係の話題になると必ずと言っていいほど出てくるほど、今や小顔は美人の象徴ともいうべき存在になっています。そのため、どのように顔を小さく見せるか、化粧での方法や写真撮影の方法など、数多くの情報が錯綜しています。中には間違った情報もあるため、それらに誤魔化されない必要があります。しかし、いくら化粧や写真で小さく見せることができたとしても、素顔でではない限り、永久的に誤魔化し続けるのは難しいです。また、本来顔の大きさは骨格の大きさで決定されるため、自分で努力しても骨を小さくするのは極めて難しく、現実的ではありません。そのため、美容整形に依頼する人が多く、骨格から矯正を行い、根本的に顔を小さくすることで、誤魔化さずに小さく見せることができるようになります。

小顔になるために骨格を治そう

顔が人よりも大きく見えることがコンプレックスという人もいます。特にエラが張っていると、顔が大きく見えてしまいます。そのため、髪を下ろし、エラを目立たなくする事で小顔に見せている人もいます。しかし、髪を耳にかけたり、アッブマにしたりして髪型を変えてみたくなります。エラをなくすためには、骨を削らなければいけないと思っている人は多いですが、実際は骨格ではなく筋肉がエラの原因の場合もあります。筋肉が発達したことが原因であれば、筋肉をなくすことでエラがなくなり小顔になります。エラの筋肉は、歯ぎしりをする人や、普段歯を噛み締めてしまうことなどできる発達していきます。歯ぎしりをする人は、歯医者へ行き、マウスピースを作ってもらいましょう。美容整形外科ではボトックス注射をすることで、筋肉がなくなり、顔の輪郭がほっそりします。